blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 国弘よう子の『映画ナイト』

国弘よう子の『映画ナイト』

音はこ 代表 市川仁志さん、ピアニスト 渡邊リサさん 

更新日:2017/10/20



今週の映画ナイトは、音はこ 代表の市川仁志さん、ピアニストの渡邊リサさんをお迎えします。ノオミ・ラパスが、7つ子の姉妹を1人7役で演じたSFスリラー『セブン・シスターズ』や、トム・クルーズがパイロットからCIAエージェントに転身し、麻薬の運び屋として実在の人物バリー・シールを演じるクライムアクション『バリー・シール アメリカをはめた男』など新作情報をたっぷりお届け!そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」は、市川さんの口笛と、渡邊さんのピアノによる生演奏で「ムーンリバー」を披露していただきました!







プロフィール
市川仁志(Hitoshi Ichikawa)
市川仁志(Hitoshi Ichikawa)

洗足学園音楽大学卒業。オーボエ・イングリッシュホルン奏者。2012年から口笛奏者としても演奏活動を開始。第40回、41回国際口笛コンクール出場。第9回大阪国際口笛音楽コンクール、ファイナリスト。CD・映画などの各種レコーディングに参加。第6回くちぶえフェスタ「パカラマ!」2012、in Japanなどの口笛イベント、同志水源の森国際音楽祭、小学校芸術鑑賞教室、美術館など様々なコンサートに出演。





渡邊リサ(Lisa Watanabe)
渡邊リサ(Lisa Watanabe)

4歳よりピアノを始め、高校在学時より作編曲を学ぶ。日本大学芸術学部音楽学部(作曲専攻)卒業後、一般企業に勤務しながら、ポピュラーピアノを学ぶ。2008年より、ピアニストとしての活動を開始。現在、癒しをテーマに、コンサートを企画出演する他、冠婚葬祭、イベント会場、リラクゼーション施設、飲食店等のさまざまな場でソロおよびアンサンブルの演奏活動を行なっている。愛と出発をテーマにしたオリジナルBGMアルバム「Love」をリリース、好評発売中。








コーナー
■ シネマ・とっておき♡
国弘よう子が独自の視点で、毎週新作映画情報と見どろこをご紹介していきます!
■ ヴィンテージ・シネマ
古きなかに新しきモノあり!名画や思い出の映画など、古き良き過去の映画作品のすばらしさを語らいます。
■ さよならさよなら、こんにちは!
淀川イズムの継承企画!「ねずみ小僧」105号まで連載していた、淀川長治さんの名言集を思い出話と共に振り返ります。


BGM
番組テーマ曲
オープニング: 星の輝く夜だから / ケイ・グラント
エンディング:朝に…/ ケイ・グラント
 
ケイ・グラント
楽曲提供 :サウストゥノースレコーズ

「Moon River」
ピアノ:神尾 憲一
番組プロフィール

映画評論家の国弘よう子が、毎週おすすめの映画を独自の視点で紹介する『シネマ・とっておき♡』や思い出の映画をゲストと振り返る『ヴィンテージ・シネマ』など映画の魅力を存分にお伝えしていきます!


パーソナリティー

国弘よう子 国弘よう子
FM 東京のクラシック番組「音楽の森」のパーソナリティとして14年間、山本直純氏、故・立川澄人氏や、羽田健太郎氏とコンビを組んで好評を博した。TBSラジオ「今夜もセレナーデ」NHKラジオ第二「定時制に学ぶ」出演およびテキスト執筆。テレビ埼玉「とっておき午後」「よう子のシネマの時間」など。また、音楽の友「ロケハン」角川「バラエティ」双葉社「Mr.アクション」執筆。内外タイムス映画欄など東京中日スポーツ「シネマプロムナード」、WEB「シネマ銀河」の映画評論を担当。また、クラシックの司会や淀川長治映画サロンの構成など多数。日本映画批評家大賞選考委員、日本映画ペンクラブ会員。