カフェフィガロ

放送日:2008/06/10 & 2008/06/17

音楽家 宮本文昭さん

今回は、音楽家・宮本文昭さんの魅力を存分にご紹介していきます。オーボエ奏者として40年の演奏活動にピリオドを打つきっかけになったエピソードから、東京音楽大学オーボエ専攻の教授として、後進の指導、今後の指揮者としての活動など多彩にお話をお聞きしていきます。


プロフィール

宮本文昭の魅力は、その音楽性の高さと音楽に対するアプローチの多彩さにあります。
東京に生まれ、18才でドイツにオーボエ留学し、フランクフルト放送交響楽団、ケルン放送交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団などの首席オーボエ奏者を歴任し、超絶的技巧をもつ世界的名手、ソリストとして高い評価を得てきました。
2000年からは、活動の本拠地をドイツから日本に移し、JTアートホールのプランナー、小澤征爾音楽塾主要メンバーとして活躍。NHK連続テレビ小説「あすか」のテーマ曲「風笛」、東映「明日の記憶」のテーマ曲などにも登場し、多くのファンを魅了してきました。自らの生き方を選択する「男の美学」を貫き、2007年3月31日、オーボエ奏者として40年の演奏活動にピリオドを打ち、最後をしめくくる東京文化会館大ホールでのファイナル・コンサートは、チケットにプレミアがつくなど、伝説のコンサートとして「男の花道」を完成させました。
2007年4月より、ミュージックバード・クラシックチャンネル「宮本文昭のNEXTAGE」のパーソナリティをつとめ、著作、講演活動など新しいチャレンジにも取り組んでいます。指揮者としても精力的に活動を始め、12月20日には、宮本文昭プロデュース“オーケストラMAP'S”を旗揚げ、デビューコンサートは大成功の内に幕を閉じ、多くのファン、音楽関係者に、宮本文昭の音楽家としての大きな存在感を示すことになりました。さらに、東京音楽大学オーボエ専攻の教授として、後進の指導に取り組み、教育者としても高い評価を得ています。

宮本文昭 公式ホームページ