カフェフィガロ

放送日:2006/03/28 & 04/04

映画監督 実相寺昭雄さん

1937年東京四谷生まれ中国青島で育ち、故・金森馨(舞台美術家)の薫陶を受け、現在の仕事につながる。 1959年TBSテレビ(当時ラジオ東京)に入社。 演出部に配属され、「おかさん」などのスタジオドラマ、「七時にあいまショー」などの音楽番組で才能を見せたあと映画部に転属、社外出向監督として「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」などを手がける。 1970年にフリー監督になりATGで「無常」を監督します。その後 、大作「帝都物語」「悪徳の栄え」江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」「D坂の殺人事件」監督不動の地位を確立。その他にもCM、舞台演出、著作でも優れた才能を発揮していきます。 その中でも音楽の仕事は重要な分野となり、二期会「魔笛」「カルメン」は日本オペラの最先端を行く演出で大好評になります。今回は、今気になるクラシックからウルトラマンの音楽までたっぷりと語っていただきました。