blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

Blue-Radio.comのホームページリニューアル♪ 
新サイトに移行しました!
新サイトはこちら

TODAY'S GUEST

更新日:2016/09/11

バスバリトン 多田羅迪夫さん

バスバリトン 多田羅迪夫さん

今夜のお客様は、先週に引き続きバスバリトン歌手・東京藝術大学名誉教授の多田羅迪夫さんをお迎えします。後半の今回は、ベートーヴェン作曲の『交響曲第9番「合唱」第四楽章』の最初のバリトンソロの聴き比べからお話をお聞きしていきます。これまでの300回以上の公演で歌われた多田羅さんに歌う前の心境や指揮者によっての違いなど…様々なお話を伺いました。また、11月23日(水・祝)から日生劇場で開催されるオペラ『ナクソス島のアリアドネ』についても伺いました。どうぞ、お楽しみに!!





プロフィール
多田羅 迪夫(TATARA, Michio)
多田羅 迪夫(TATARA, Michio)

東京藝術大学大学院修了後渡欧。「第九」や宗教曲、バッハ「ヨハネ」「マタイ」受難曲のイエスの演奏は、国内でも第一人者と評される。M.フレーニ、R.パネライ、F.ボニソッリ等とも共演したドイツの歌劇場でのソリスト経験を多数経て帰国。小澤征爾指揮『ヴォツェック』タイトル・ロールや朝比奈隆指揮『ラインの黄金』アルベリッヒで絶賛を浴び、ベルギー王立モネ劇場提携『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ハンス・ザックスは、‘テオ・アダムにも匹敵する大器’と評された。東京二期会オペラ劇場の公演監督としてもG.クレーマー、P.コンヴィチュニー演出のオペラプロダクション等を成功に導いている。2014年香川県文化功労者。東京藝術大学名誉教授。二期会会員。














公演情報

CD情報

『ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」』
レーグナーが1990年読売日響の名誉指揮者となって完成させた金字塔、日本のオケと外国人指揮者による初のベートーヴェンの交響曲全集からの1枚。録音も良く,熱気溢れる力演。型番:KICC-3522 レーベル:キングレコード 発売:2010年10月6日 価格:952円(税別)
詳しくはこちら

『ベートーヴェン:交響曲 第9番 「合唱」』
朝比奈=大阪フィルによる20世紀最後の大偉業、新ベートーヴェン・サイクルここに完結。2000年12月29日、朝比奈通算250回目の第9と20世紀最後を飾った12月30日の演奏会という壮大な記念碑的ドキュメントがこの2枚に収められています。型番:OVCL-00041 レーベル:オクタヴィア・レコード 発売:2001年5月23日 価格:3,000円(税別)
詳しくはこちら

『ドイツ歌曲の夕べ』
秋の夜長にしみじみと聴きたい熟成されたよいワインのように芳醇な声の魅力、オペラ歌手 多田羅迪夫が奏でるドイツリートの世界。音楽と人生への深い思いに満ちた感動の一夜がついにCD化!東京藝術大学奏楽堂 藝大120周年記念リサイタル・ライブ 型番:DCJA-21008 STEREO 発売:2008年12月10日 価格:3,086円(税込)
詳しくはこちら

公演情報

『ナクソス島のアリアドネ』
東京二期会オペラ劇場・ライプツィヒ歌劇場との提携公演
プロローグと1幕のオペラ 日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
台本:フーゴー・フォン・ホフマンスタール
作曲:リヒャルト・シュトラウス
日程:2016年11月23日(水・祝)、24日(木)、26日(土)、27日(日)
時間:23日(水・祝)/17:00  24日(木)、26日(土)、27日(日) /14:00
会場:日生劇場
※ゲストの多田羅さんは、執事長役にて出演。
詳しくはこちら

『二期会バッハ・バロック研究会 15周年記念コンサート バッハ&ペルゴレージ ~心に響くバロックの調べ~』
日時:2016年10月1日(土) 13:30開演(13:00開場) 
会場:Hakuju Hall(白寿ホール)
予定演奏曲目:J.S.バッハ 「コーヒー・カンタータ」BWV211、「ミサ曲ト短調」BWV235、G.B.ペルゴレージ「スターバト・マーテル(悲しみの聖母)」ほか
詳しくはこちら
『新日本フィル定期演奏会・鈴木秀美指揮 ハイドン オラトリオ「天地創造」』 
日程:2017年6月2日(金)、3日(土)
時間:2日(金)19:00 開演、3日(土) 14:00 開演
会場:すみだトリフォニーホール
チケット発売中!
詳しくはこちら




BGM
『ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」より第四楽章 抜粋』
作曲: ベートーヴェン
演奏①:ハインツ・レーグナー指揮読売日本交響楽団、多田羅迪夫(バリトン)1994年版
演奏②:朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団、多田羅迪夫(バリトン)1991年版
演奏③:朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団、多田羅迪夫(バリトン)2001年版
『甲斐なきセレナーデ』
作曲:ブラームス
演奏:多田羅迪夫(バリトン)、鈴木真理子(ピアノ)


音源提供: キングレコード ポニーキャニオン オクタヴィア・レコード ディスク クラシカ
番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop