blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

第182回 写真家 中道順詩さん 

更新日:2018/02/13



今夜の『美・日本写真』は、先週に引き続き写真家の中道順詩さんをお迎します。後半の今回は、普段使っているカメラのお話から故郷の思い出や学生時代に見た映画についてお聞きします。また、今回ギャラリーに掲載する写真は「身近なものを撮る」をテーマに、ワイングラスや多肉植物をソフトな描写の撮影した写真や洗足池の水面を撮り続けている写真を観ながら森羅万象を撮る面白さについてご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!







プロフィール
中道 順詩(Junshi Nakamichi)
中道 順詩(Junshi Nakamichi)

1948年 石川県金沢市にて高校時代まで育ち、1970年 早大在学中に、欧州とニューヨークに1年10ヶ月滞在して写真家の道を志した。 1972年 帰国後、スタジオ・アートセンターでスタジオマンとなり、1975年 フォト・ワークショップにて横須賀功光氏のクラスに参加して、表現の多様性を学ぶ。 1976年、フリーランスとなり、雑誌、広告、レコードジャケット、ブックカバーなどのジャンルで、自然光を駆使したNakamichi-Worldを創っていく。個展、グループ展など今日まで数多く開催し、今後も作品の展示に付随した作品販売も心がけていきたいと思う。







ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。