blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

第143回 写真家 稲垣徳文さん 

更新日:2017/05/09



今夜の『美・日本写真』は、先週に引き続き写真家の稲垣徳文さんをお迎えします。後半の今回も、東京・御茶ノ水にある写真専門ギャラリー「gallery bauhaus」で開催中の写真展「HOMMAGE アジェ再訪」をテーマにお話をお聞きします。写真展の作品作りで使用した8X10の大型カメラについてや19世紀当時の写真仕上げに近い「鶏卵紙」の制作方法について伺いました。また今回ギャラリーに掲載する写真も写真展の作品から撮影当時のお話を交えてご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!







プロフィール
稲垣 徳文(Norifumi Inagaki)
稲垣 徳文(Norifumi Inagaki)

1970年 東京都生まれ 法政大学社会学部卒業。在学中より故・宝田久人氏に師事。朝日新聞社『AERA』嘱託カメラマンを経てフリーになる。日本写真協会会員。<展覧会> 1991年「タシュクルガンへの道」新宿/オリンパスギャラリー 1995年「大陸浪人」渋谷/ドイフォトプラザ 2000年「PORTRAIT OF TIBET」"Dalai-Lama" 東急港北特設ギャラリー 2007年「In the viewpoint of Asia / Tokyo」galerie Litfasssaule ミュンヘン/ドイツ 2011年 巡礼「West Tibet Mt.Kailashi」新宿/コニカミノルタプラザ 2011年「Habitat そこにある暮らし」新宿/フォトギャラリーシリウス 2012年「アジェの見たパリ」フジフィルムスクエア・ミニギャラリー





イベント情報

稲垣徳文写真展「HOMMAGE アジェ再訪」
アジェを敬愛する作者が、2012年から5年間かけて、番地を頼りにアジェが写し撮ったパリを再訪。8x10の大型カメラを使って撮影した作品展。ゼラチンシルバー・プリントに加え、19世紀当時の写真仕上げに近い鶏卵紙によるプリントも同時に展示いたします。
日程:2017年3月29日(水)~5月20日(土)
時間:11:00~19:00
休廊:日・月・祝、GW期間 休廊日:4/29~5/1、3~5、7-8
会場:gallery bauhaus
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-19-14
詳しくはこちら




ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。