blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 熊谷正の美・日本写真

第220回 写真家 奈良岡忠さん 

更新日:2018/11/07



今夜の『美・日本写真』は、写真家の奈良岡忠さんをお迎えします。今回は、1950年代に政府機関や新聞社の報道カメラマンが使用していた大判カメラ「スピグラ」をテーマにお話をお聞きします。奈良岡さんが写真を始めたきっかけから「スピグラ」の性能や特徴についてお話を伺いました。また今回ギャラリーに掲載する写真は、「スピグラ」で撮影した写真を見ながらアメリカの航空博物館で撮影した戦闘機の写真や思い出の作品をご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!







プロフィール
奈良岡忠(Tadashi Naraoka)
奈良岡忠(Tadashi Naraoka)

1953年生まれ、札幌市出身。東洋大学社会学部卒業。東京写真専門学校卒業。1979年 八十島健夫氏に師事。1982年 平凡出版社(現、マガジンハウス)「POPYEY」編集部でフリーカメラマンとして活動。1987年 マガジンハウス「Hanako」創刊時の編集部へ。1992年 港区芝浦にスタジオを構え、子供の頃から趣味にしていたホビー(ミニカー、プラモデル、鉄道模型、ジオラマ等)に関わるスタジオワークにシフト、「夢のある楽しいホビー」写真を追求しながら現在に至る。日本写真家協会会員。







ギャラリー



pinterestはこちら

番組プロフィール

写真家・熊谷正がギャラリー・ベアーズのオーナーとなり、ゲスト(写真家)と対談。
ゲストには、毎回『美・日本』をテーマに5枚の写真をお持ちいただきます。
「心は、写真の中にこそある。どうぞお楽しみに」熊谷正



パーソナリティー

熊谷正(Tadashi Kumagai) 熊谷正(Tadashi Kumagai)
長野県生まれ。東京綜合写真専門学校卒業、フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。(公社)日本写真家協会会員。インドネシア美術研究会会員。フォトボランティアジャパンメンバー。