blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 国弘よう子の『映画ナイト』

国弘よう子の『映画ナイト』

映画評論家・詩人 望月苑巳さん 

更新日:2018/08/17



今夜の映画ナイトは、映画評論家・詩人の望月苑巳さんをお迎えします。「夜は短し歩けよ乙女」「有頂天家族」などで人気の作家・森見登美彦による日本SF大賞を受賞した小説をアニメーション映画化『ペンギン・ハイウェイ』や、英国首相チャーチルのノルマンディー上陸作戦決行までの96時間を描いたヒューマンドラマ『チャーチル ノルマンディーの決断』など、新作情報をお届け!そして、「ヴィンテージ・シネマ」のコーナーでは、孔雀船92号の中に掲載されている望月さんの作品「抱擁かぐや姫通信」の朗読と、1977年公開の映画「人間の証明」をご紹介していただきました。







プロフィール
望月苑巳(Sonomi Mochiduki)
望月苑巳(Sonomi Mochiduki)

1947年東京・日暮里生まれ。スポーツ新聞記者をへて、現在フリーライター。特に映画関係の原稿を中心に書いている。主な著作は、詩集「鳥肌の立つ場所」(2004年土曜美術社出版販売)、エッセイ集「団塊力―ひもパン洗濯おとーさん奮戦す」(2008年 音羽出版)、詩集「ひまわりキッチン―あるいは、ちょっとペダンチックな原色人間圖鑑」(2011年 砂子屋書房)など。











コーナー
■ シネマ・とっておき♡
国弘よう子が独自の視点で、毎週新作映画情報と見どろこをご紹介していきます!
■ ヴィンテージ・シネマ
古きなかに新しきモノあり!名画や思い出の映画など、古き良き過去の映画作品のすばらしさを語らいます。
■ さよならさよなら、こんにちは!
淀川イズムの継承企画!「ねずみ小僧」105号まで連載していた、淀川長治さんの名言集を思い出話と共に振り返ります。


BGM
番組テーマ曲
オープニング: 星の輝く夜だから / ケイ・グラント
エンディング:朝に…/ ケイ・グラント
 
ケイ・グラント
楽曲提供 :サウストゥノースレコーズ

「人間の証明のテーマ」
ピアノ:神尾 憲一
番組プロフィール

映画評論家の国弘よう子が、毎週おすすめの映画を独自の視点で紹介する『シネマ・とっておき♡』や思い出の映画をゲストと振り返る『ヴィンテージ・シネマ』など映画の魅力を存分にお伝えしていきます!


パーソナリティー

国弘よう子 国弘よう子
FM 東京のクラシック番組「音楽の森」のパーソナリティとして14年間、山本直純氏、故・立川澄人氏や、羽田健太郎氏とコンビを組んで好評を博した。TBSラジオ「今夜もセレナーデ」NHKラジオ第二「定時制に学ぶ」出演およびテキスト執筆。テレビ埼玉「とっておき午後」「よう子のシネマの時間」など。また、音楽の友「ロケハン」角川「バラエティ」双葉社「Mr.アクション」執筆。内外タイムス映画欄など東京中日スポーツ「シネマプロムナード」、WEB「シネマ銀河」の映画評論を担当。また、クラシックの司会や淀川長治映画サロンの構成など多数。日本映画批評家大賞選考委員、日本映画ペンクラブ会員。