blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 国弘よう子の『映画ナイト』

Blue-Radio.comのホームページリニューアル♪ 
新サイトに移行しました!
新サイトはこちら

国弘よう子の『映画ナイト』

映画『神奈川芸術大学映像学科研究室』坂下雄一郎 監督 

更新日:2014/01/24



今夜の映画ナイトは、1月25日(土)から新宿武蔵野館で公開される映画『神奈川芸術大学映像学科研究室』の坂下雄一郎監督をお迎えします。架空の大学を舞台に、不条理な日常を描く今作。初の長編となる坂下監督に、作品の見どころや、師事していた黒澤清監督、大森一樹監督から学んだことなどもお聞きしました。そして、今週の「ヴィンテージ・シネマ」のコーナーでは、1992年公開の日本映画『シコふんじゃった。』をご紹介します!







プロフィール
坂下雄一郎(Yuichiro Sakashita)
坂下雄一郎(Yuichiro Sakashita)

1986年広島県出身。大阪芸術大学卒業後、東京藝術大学映像研究科に入学。在学中から学外の作品に助監督として参加。2011年に監督した『ビートルズ』はゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012にて北海道知事賞を受賞。ほか監督作に『猿後家はつらいよ』(オムニバス映画『らくごえいが』(13)の1編)がある。東京藝術大学大学院映像研究家第7期修了制作として『神奈川大学映像研究室』を監督。13年3月同院同研究科修了。





書籍情報

国弘さんのシネマエッセイ「今宵の一杯 シネマカクテル」も好評連載中!
『淀川長治 映画の世界 名作DVDコレクション VOL.40』
判型:A4変型(DVD 2枚付き)
発売:2013年12月25日
価格:¥990円 (税込)
発行元:(株)東京ニュース通信社
特集は…「映画の父グリフィスの古典名作」
≪DVD作品紹介≫ ※共に淀川長治解説映像付き。
■ 「イントレランス」 (1916年制作・アメリカ)【モノクロ】
 監督:D・W・グリフィス
 出演:リリアン・ギッシュ/メイ・マーシュ/ロバート・ハロン/
     コンスタンス・タルマッジ/アルフレッド・パジェット/エルマー・クリフトン
 ・「映画の父」グリフィスが画期的な映像表現を創造した映画
   100年史上最大のスペクタクル。
■ 「國民の創生」 (1915年制作・アメリカ)【モノクロ(染色)】
 監督:D・W・グリフィス
 出演:リリアン・ギッシュ/メイ・マーシュ
 ・南北戦争の時代を再現するグリフィス監督の巨大スペクタクル。
詳しくはこちら



コーナー
■ シネマ・とっておき♡
国弘よう子が独自の視点で、毎週新作映画情報と見どろこをご紹介していきます!
■ ヴィンテージ・シネマ
古きなかに新しきモノあり!名画や思い出の映画など、古き良き過去の映画作品のすばらしさを語らいます。
■ さよならさよなら、こんにちは!
淀川イズムの継承企画!「ねずみ小僧」105号まで連載していた、淀川長治さんの名言集を思い出話と共に振り返ります。


BGM
番組テーマ曲
オープニング: 星の輝く夜だから / ケイ・グラント
エンディング:朝に…/ ケイ・グラント
 
ケイ・グラント
楽曲提供 :サウストゥノースレコーズ

「New Cinema Paradiso」
ピアノ:神尾 憲一
番組プロフィール

映画評論家の国弘よう子が、毎週おすすめの映画を独自の視点で紹介する『シネマ・とっておき♡』や思い出の映画をゲストと振り返る『ヴィンテージ・シネマ』など映画の魅力を存分にお伝えしていきます!


パーソナリティー

国弘よう子 国弘よう子
FM 東京のクラシック番組「音楽の森」のパーソナリティとして14年間、山本直純氏、故・立川澄人氏や、羽田健太郎氏とコンビを組んで好評を博した。TBSラジオ「今夜もセレナーデ」NHKラジオ第二「定時制に学ぶ」出演およびテキスト執筆。テレビ埼玉「とっておき午後」「よう子のシネマの時間」など。また、音楽の友「ロケハン」角川「バラエティ」双葉社「Mr.アクション」執筆。内外タイムス映画欄など東京中日スポーツ「シネマプロムナード」、WEB「シネマ銀河」の映画評論を担当。また、クラシックの司会や淀川長治映画サロンの構成など多数。日本映画批評家大賞選考委員、日本映画ペンクラブ会員。