blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 安部偲の活動リサーチ社

TODAY'S GUEST

更新日:2011/10/14

映画「アジアの純真」片嶋一貴 監督

映画「アジアの純真」片嶋一貴 監督

10月15日(土)から新宿 K's cinemaで公開される映画『アジアの純真』の片嶋 一貴 監督が約3年ぶりに登場!!今回は、主演の韓 英恵さんをテーマにお話をお聞きしていきます。韓さんのデビュー作の鈴木清順監督の「ピストルオペラ」ころから知っている神田さん、片嶋監督が語る、女優としての魅力についてお聞きしました。どうぞ、お楽しみに!!


映画「アジアの純真」とは!?
日本人チンピラに姉を虐殺された孤独で勝ち気な在日朝鮮少女。 その殺害現場で見て見ぬ振りをしてしまった気弱な日本人高校生。 時は2002年秋、北朝鮮による拉致事件で反朝鮮感情が萬延していた。 二人は、怒りと屈辱にまみれながら、悲しくもパンクな旅に突入し、事態は思いもよらない展開に発展する。


プロフィール
片嶋 一貴(Ikki Katashima)
片嶋 一貴(Ikki Katashima)

映画監督。プロデューサー。株式会社ドッグシュガー代表。早稲田大学政経学部卒。在学中の8㍉映画製作をきっかけに、映画を志す。若松孝二・井筒和幸・村上 龍・岩井俊二らの助監督を経て、1995年「クレィジー・コップ 捜査はせん!」で監督デビュー。翌年からプロデューサーとして仕事のフィールドを広げ、サブ監督「ポストマン・ブルース」鈴木清順監督「ピストルオペラ」「オペレッタ狸御殿」など個性的な作品を次々とプロデュースする。一方、「鉄甲機ミカヅキ」「魔弾戦記リュウケンドー」などのTVシリーズも積極的に手がけ、特撮系の作品でも手腕を発揮する。2003年映像企画制作会社ドッグシュガーを設立し、自らの監督作品「ハーケンクロイツの翼」を製作。2008年公開「小森生活向上クラブ」で独自のスタイルを得て新境地を開拓する。





番組プロフィール

映画にまつわる話題を徹底調査 !!
クライアントの指令を受けた安部調査員が業界人を訪ね、映画に係わる情報をあれこれリサーチしていきます。


パーソナリティー

安部偲 安部偲 (Shinobu Abe)
大学卒業後、演劇活動を経てフリーライターに。
映画やIT関連を中心に、雑誌、Webなどで執筆。2001年にキッチュを設立し、コンテンツの企画・製作・ 運営などを手がける。
現在、映画サイト「MOVIE Collection[ムビコレ]」やアイドルサイト「アイドルcheck!」などを運営中!

MOVIE Collection [ムビコレ]



主な著書
『映画監督になるということ』
『eビジネス用語早わかり事典 これだけは知っておきたい』
神田裕司 神田裕司 (Yuji Kanda)
モード・フィルム株式会社(邦画の海外販売中心の企画製作会社)COO。「葛 飾エンタメの会」会長。ラジオパーソナリティ。「アクターズクリニック」特 別講師。子役として多くのCM、TVドラマ、大型ミュージカルの主演等を経験 後、高校生時代にPFFで演出作品で2年連続最年少入選を果たす。それをきっか けに、多くのプロの作品に参加。20歳で映画「星空の向こうの国」に主演。大 学時代には学外で小劇団を主宰。その後、政治家秘書、イベントディレク ター、ホテル支配人、商社勤務等を経て、32歳で再び映画界へ。『幸福の鐘』 『下妻物語』『タナカヒロシのすべて』『オペレッタ狸御殿』『姑獲鳥の夏』 『蟲師』『魍魎の匣』など数々の映画に企画プロデュース等の立場で中心的に 携わる。カンヌ、ヴェネチアでは正式に赤絨毯を歩き、ベルリンではNETPAC賞 を得る。鈴木清順監督の業務窓口も10年以上担当。監督長編デビュー作 『TOKYOてやんでぃ~The Story Teller's Apprentice~』が2013年2月23日よ り新宿ケイズシネマで公開決定!

プロデューサー 神田裕司 ブログ 映画なひとたち ムビコレ×ブログ
pagetop