カフェフィガロ

放送日:2008/10/21 & 2008/10/28

チェンバロ奏者 桒形 亜樹子さん

今回は、チェンバロ奏者の桒形 亜樹子さんをお迎えして、17世紀初頭の音楽家一族クープラン家のお話を中心にクラシック音楽の在り方など多彩にお話をお聞きしていきます。


プロフィール

桒形 亜樹子(クワガタアキコ)
東京生まれ。東京藝術大学附属音楽高校作曲科卒、同大作曲科を経て在学中にドイツ政府交換給費留学生(DAAD)として渡独、デトモルト北西ドイツ音楽院及びシュトゥットガルト芸術大学チェンバロ科を最優秀で卒業。
K.ギルバート氏他にチェンバロを、O.バイユー氏他にオルガンを師事。フランスに渡り、セルジー・ポントワーズ国立地方音楽院及びショーモン市立音楽院にてチェンバロ、通奏低音、オルガン講師を務める傍ら、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。
第8回ブリュージュ国際チェンバロコンクール最高位と聴衆賞、第8回パリ国際チェンバロコンクール2位、ライプツィヒ国際バッハコンクール他に入賞。

現代音楽の紹介にも力を注ぎ、委嘱を含む世界初演、日本初演は多く、昨年のパリ・クラヴサン協会のフェスティヴァルでも邦人曲を招待演奏。 2000年に帰国後はソリスト、通奏低音奏者としての演奏活動の他、音律、古楽演奏に関するレクチャーコンサート、セミナーを数多く開催し東京音楽大学、名古屋芸術大学などで特別講義を行う。
現在東京藝術大学、松本市音楽文化ホール講師。

軽井沢八月祭
Sony Music Foundation