blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

TODAY'S GUEST

更新日:2017/08/27

パフォーマー・作曲家 足立智美さん

パフォーマー・作曲家 足立智美さん

今夜のお客様は、先週に引き続きベルリン在住のパフォーマー/作曲家の足立智美さんをお迎えします。後半は、足立さんがドイツ・ベルリンに招聘されたきっかけから自作楽器によるソロ演奏や現代音楽と驚きの関係、音響詩人についてなど…様々なお話を伺いました。また、今後のイベントやコンサート情報についてもご紹介して頂きました。どうぞ、お楽しみに!





プロフィール
足立智美(Adachi Tomomi)
足立智美(Adachi Tomomi)

パフォーマー/作曲家/音響詩人。声、コンピュータ、自作楽器によるソロ演奏を始め幅広い領域で活動し、ジョン・ケージ、コーネリアス・カーデュー、クリスチャン・ウォルフなどの作品の上演、企画の他、ヤープ・ブロンク、坂田明、ジェニファー・ウォルシュ、リチャード・バレット、M.C.シュミット(マトモス)、高橋悠治、一柳慧、伊藤キム、コンタクト・ゴンゾ、猫ひろしらと共演、また非音楽家との大規模なアンサンブルのプロジェクトもおこなう。作品には自作のフィジカル・インターフェイス、ツイッター、脳波から人工衛星、テレパシー、骨折までを用いる。世界各地のオルタナティヴ・スペースの他、テート・モダン、ポンピドゥー・センター、ベルリン芸術アカデミーなどで公演、2012年にはベルリン・メルツ・ムジーク現代音楽祭で個展を開催、DAADより2012年ベルリン滞在作曲家としてドイツに招聘。








公演情報

CD情報

アルバム『貧富の差はどこから来るのか』
『現代日本の作曲家』第51集は、前作の甲斐説宗と打って変わった作品の集成。作曲、即興演奏、パフォーマンス、現代音楽作品の演奏、自作楽器の制作など、幅広い領域で活動している、早稲田大学文学部哲学科在学中の1993年より活動を始めた足立智美の作品。レーベル:フォンテック発売:2016年9月7日 価格:2,427円(税別)
詳しくはこちら

公演情報

『秋吉台で紡ぐ未聴の世界』
日時:2017年8月18日(金)~23日(水)
会場:秋吉台国際芸術村(山口県美祢市秋芳町秋吉50)
講師:作曲/松平頼暁、山根明季子、足立智美、田中吉史
作曲兼自作指揮:杉山洋一
ヴァイオリン:松岡麻衣子、ヴィオラ:般若佳子、チェロ:山澤慧 、フルート:村上景子
ピアノ:中村和枝、黒田亜樹、藤田朗子
声楽:松平敬、チューバ:橋本晋哉
詳しくはこちら







BGM
『Voice, The Right Hand, Computer』
『Yimiko』
作曲:足立智美


音源提供: naya records、TZADIK
番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop