blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

TODAY'S GUEST

更新日:2017/06/04

リュート奏者 高本一郎さん

リュート奏者 高本一郎さん

今夜のお客様は、先週に引き続きリュート奏者の高本一郎さんをお迎えします。後半の今回は、イングランドの作曲家・リュート奏者のジョン・ダウランドをテーマにお話をお聞きします。ダウランドの楽曲を高本さん自身がアレンジされた『Come agein Ⅱ』を聞きながら二枚組のアルバムに込めた思いや高本さんが考えるダウランド像についてなど…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!





プロフィール
高本 一郎(Ichiro Takamoto)
高本 一郎(Ichiro Takamoto)

5歳よりギターを始め『読売ギターコンクール銀賞』受賞。フランス国立ストラスブール音楽院にてリュートを学ぶ。 ルーヴル美術館でソロ公演を開催。フランス&国内のTV・ラジオ出演、 オペラ、 演劇、バレエ、能狂言、歌舞伎、落語、講談、朗読の舞台、 国内外の音楽祭、オーケストラにも数多く招聘される。 映画音楽、CM音楽、航空会社の機内テーマ曲、 ポップスなどのCD録音に楽曲提供&演奏で参加。リュートの新しい魅力を引き出すべく作曲活動にも専心。 これまでに4枚のアルバムをリリースし、フランス&英国のラジオ放送で取り上げられるなど国内外で高評を得る。大阪音楽大学付属音楽院講師。








公演情報

公演情報

『メディチ家が愛した音楽~イタリア・ルネサンスの響き~』
日程:2017年6月22日(木)開演19:00
会場:豊中市立文化芸術センター 小ホール
出演:高本一郎(リュート)、青木洋也(カウンターテナー)、田島隆(タンバリン)
チケット:¥3,500(当日¥4,000)全自由席
詳しくはこちら

『朗読・宮澤賢治シリーズ2「蛙の消滅」「オッペルと象」「春と修羅(抜粋)vOL.1」』
日程:2017年8月8日(火)
時間:14:00「蛙の消滅」、15:30「オッペルと象」、19:00「春と修羅(抜粋)vOL.1」
会場:近江楽堂
出演:[朗読]一龍齋貞弥 [音楽]高本一郎
詳しくはこちら

CD情報

『シャコンヌ・オリエンターレ』
ルネサンス時代に楽器の女王と称えられ当時のヨーロッパの人々に最も愛された西洋の古楽器「リュート」を用い、多くのゲストとのセッションで新たな魅力を現代に提示する思いで作られた一枚。高本一郎のオリジナル曲が全13曲中11曲をも占める渾身のアルバム。発売:2012年7月18日 、レーベル:ジパングレーベル、価格:2,800円 (税別)
詳しくはこちら

『Come Again いま、君に逢いたい!』
2013年に生誕450年を迎えた英国の作曲家、そしてリュート奏者でもあるジョン・ダウランドの楽曲を高本自身が大胆にアレンジし、多くのゲストミュージシャンを迎え、現代の感性でもって表現、さらには落語家の柳家花緑を迎え同年代を生きたシェークスピアとの戯曲も収録した2枚組のCD。世界に類を見ないダウランドのトリビュートアルバム。発売:2014年12月24日、レーベル:ジパングレーベル、価格: 3,500円 (税別)
詳しくはこちら

『小さな妖精と大きな妖精』
高本一郎「配信限定」リリースのEPソロアルバム。「シチリアーナ」「グリーンスリーヴス」「美しき娘」「小さな妖精と大きな妖精」「ガルテンマザーの子守歌」、ルネサンスの代表曲やケルト民謡などリュートの名曲を独自のアレンジ、自作のプレリュートも含めて全5曲を収録。発売:2012年4月8日、レーベル:コウベレックス、価格: 1,000円 (税別)
詳しくはこちら






BGM
『Come agein Ⅱ』
作曲:ジョン・ダウランド
演奏:高本一郎(リュート)、彌勒忠史(カウンターテナー)、鈴木宏志(サックス)、上運天淳市(サックス)
「Come agein~ いま君に逢いたい」より
『旅の彼方に』
作曲:高本一郎
演奏:高本一郎(リュート)、太田恵資(ヴァイオリン)、濱田芳通(リコーダー)、吉野弘志(ウッドベース)
「Come agein~ いま君に逢いたい」より


音源提供: ジパングレーベル
番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop