blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

Blue-Radio.comのホームページリニューアル♪ 
新サイトに移行しました!
新サイトはこちら

TODAY'S GUEST

更新日:2014/02/16

チェンバロ・ヒストリカルハープ 西山まりえさん


チェンバロ・ヒストリカルハープ 西山まりえさん

今夜のゲストは、チェンバロ・ヒストリカルハープ奏者の西山まりえさんをお迎えします。今回は、西山さんのご自宅のスタジオにお邪魔して、今年生誕300年を迎える、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの楽曲とともに、ご紹介していただきました。また、西山さんにC.P. E. バッハの人生や音楽の特色をチェンバロの音色とともに楽しくお話をお聞きしました。どうぞ、お楽しみに!!





プロフィール
西山まりえ(Marie Nishiyama)
西山まりえ(Marie Nishiyama)

東京音楽大学ピアノ科卒業。同大学研究科チェンバロ科修了。イタリアのミラノ市立音楽院、及びスイスのバーゼル・スコラ・カントールムに留学。ヒストリカル・ハープをM.ガラッシ、チェンバロをR.アレッサンドリーニに師事。オランダのユトレヒト音楽祭よりソロ・リサイタルに招聘され好評を博した。CD「インヴェンション&シンフォニア」「イタリア協奏曲&フランス風序曲」「ドメニコ・スカルラッティソナタ集」以上すべて「レコード芸術」誌特選盤。「バロック・ハープとの出会い」準特選盤/朝日新聞推薦盤。「ファンタシーアの奏法」スペイン「リトゥモ」誌の最優秀推薦盤など、CDへの評価が高い実力派才華である。また、邦人としては類のないヒストリカル・ハープ奏者として、演奏や録音で活動するとともに後進の指導にもあたっている。第11回山梨古楽コンクール・チェンバロ部門第1位および栃木[蔵の街]音楽祭賞受賞。第23回同コンクール審査員。信州アーリー・ミュージック音楽村芸術監督。


公演情報

CD情報

『J. S. Bach: Englische Suiten』
西山まりえによるバッハエディション待望の第4弾:「イギリス組曲」全曲。
常に変容し深みを増す実力派、西山まりえが満を持して挑んだバッハエディションの決定版。2枚組・デジパック仕様。
詳しくはこちら
BGM
『ソナタ ハ長調 「プロイセン・ソナタ第5番」 Wq. 48/5, H. 28』
作曲:カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ
演奏:西山まりえ

番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop