blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

TODAY'S GUEST

更新日:2016/07/24

ネーモー・コンチェルタート 辻康介さん、鈴木広志さん

ネーモー・コンチェルタート 辻康介さん、鈴木広志さん

今夜のお客様は、ネーモー・コンチェルタートから歌手の辻康介さん、サックス奏者の鈴木広志さんをお迎えします。今回は、6月にアルテスパブリッシングから発売されたCDブック「おとなのための俊太郎 谷川俊太郎詩集」をテーマにお話をお聞きしていきます。ネオ・ラジカル・古楽歌謡をモットーに活動されているネーモー・コンチェルタートのご紹介から谷川俊太郎の詩に曲をつけたきっかけなど…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!





プロフィール
辻康介(Tsuji Kosuke)
辻康介(Tsuji Kosuke)

国立音楽大学楽理科卒、同大学音楽研究所修了、ミラノ音楽院とミラノ市立音楽院の古楽科で学ぶ。声楽を牧野正人、クラウディオ・カヴィーナらに師事。イタリアルネサンス音楽を中心に日本の歌など様々なレパートリーを歌う。また、ルネサンス期のイタリア語詩などを自ら日本語に訳して歌う。ネーモー・コンチェルタートでの活動を中心に、古楽と異ジャンルのレパートリーと演奏家を融合する試み「ネオ・ラジカル古楽歌謡」を続けている。モンテヴェルディ作曲「オルフェオ」(宮城聡演出)「オルフェオの冥界下り」(安田登演出)のオルフェオ役、「イナンナの冥界下り」(安田登演出)のイナンナの声。「メアリー・スチュアート」(パルコ劇場・2015年)音楽監督。「ジョングルール・ボン・ミュジシャン」「都市楽師プロジェクト」メンバー。最初期の階名唱を研究し「体感音楽史」講座を各地で開催。主宰するグループと主なコンサートタイトル:南蛮ムジカ「南蛮ムジカのオルフェオ」「フランチェスコ・ラージ全曲演奏シリーズ」、SESTETTO VOCALE(セステット・ヴォカーレ)「テーブル囲んでマドリーガーレ」「ルネサンスの居酒屋で」。





鈴木広志 (suzuki hiroshi)
鈴木広志 (suzuki hiroshi)

東京芸術大学卒業(器楽科サクソフォン専攻)。クラシック、ジャズ、ワールドミュージックの世界でボーダーレスに活動する。リーダーを務めバンドを牽引した「チャンチキトルネエド」の他、「清水靖晃&サキソフォネッツ」「東京中低域」「大友良英スペシャルビッグバンド」などでも中心的な役割を担い、FUJI ROCK FESTIVAL、London Jazz Festival、North Sea Jazz Festival 、瀬戸内国際芸術祭 等に出演。また、狩野永徳作(1574年)の国宝「上杉本洛中洛外図屏風」とのコラボレーションや活動弁士の坂本頼光と企てる「キネマと音楽の夕べ」などコンサートの枠を越えた活動を展開。NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」、ドラマ「とっとテレビ」(共に音楽は大友良英氏)ではサックスに加えてフルート、クラリネット、リコーダーも演奏し劇中にも出演した。作/編曲家としては、国内外の映画祭で多数の受賞を得た真利子哲也監督の映画作品や、舞台、ダンス、ファッションショー等に楽曲を提供。TVCMではサクソフォンの多重録音でメルセデスベンツ、伊藤園、カネボウ、シャープ等の音楽を手がける。絵画や彫刻などの美術作品に楽曲を作曲し演奏したCD「名画をいろどる話芸と音楽~耳できく展覧会」(制作:島根県立石見美術館)、谷川俊太郎の詩に音楽を書き下ろしたCDBOOK「大人のための俊太郎」(アルテスパブリッシング)が発売中。2016年7月にスイスで行われた世界最大のジャズフェスティバル「モントリオール国際ジャズフェスティバル2016」に出演した。





ネーモー・コンチェルタート (nemo concertato)
ネーモー・コンチェルタート (nemo concertato)

古楽と古楽器を焦点にしてジャンルを超え様々な音楽家と音楽が集まる。「ネオ・ラジカル・古楽歌謡」をモットーに、2003年頃から多様な編成で活動。2011年以降、現在まで主にこの三人 の編成でメンバーのオリジナル作品を中心に演奏している。2016年6月CD+BOOK「おとなのための俊太郎」(アルテスパブリッシング)をリリース。





公演情報

書籍情報

CDブック『おとなのための俊太郎 谷川俊太郎詩集』
こんな俊太郎、見たことない! 声とサックスとチェンバロが典雅に歌い奏でる可笑しくて怖くてエロティックな谷川俊太郎の詩世界! 「ネオ・ラジカル古楽歌謡」のネーモー・コンチェルタート、初のCDブック! 「スーパーマン」「つるつるとざらざら」「うんこ」「ポルノ・バッハ」「なんでもおまんこ」「おぼうさん」「春の臨終」「臨死船」ほか、 詩人・谷川俊太郎のダークサイドをうたう15曲を収録したCD+詩集。出版社:アルテスパブリッシング 発売日:2016年6月10日 定価:本体 3500円(税別)
詳しくはこちら

コンサート情報

『おとなのための俊太郎 「猿楽祭 代官山フェスティバル 2016」』
日程:2016年10月9日(日)
時間:午後2時開演(午後1時30分開場)、午後6時開演(午後5時30分開場)
会場:代官山ヒルサイドテラス
出演:nemo concertato 辻康介(歌)鈴木広志(サックス)根本卓也(チェンバロ)
チケット:前売¥4,000・当日4500円 前売ペア7000円・前売学生2000円・当日学生2500円
詳しくはこちら




BGM
『スーパーマン』
作曲:辻康介
詩:谷川俊太郎
演奏:ネーモー・コンチェルタート
『ポルノ・バッハ』
作曲:根本卓也
詩:谷川俊太郎
演奏:ネーモー・コンチェルタート
『花屋さん』
作曲:鈴木広志
詩:谷川俊太郎
演奏:ネーモー・コンチェルタート


音源提供: アルテスパブリッシング ネーモー・コンチェルタート
番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop