blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

TODAY'S GUEST

更新日:2011/02/08

音楽評論家 加藤浩子さん
photo by Tadahiro Tonomura

音楽評論家 加藤浩子さん

今回は、先週に引き続き音楽評論家の加藤浩子さんをお迎えします。 先月出版した「ようこそ!オペラ」を見ながら、オペラの魅力をについて語り合っていきます。ヨーロッパのオペラハウスと日本のオペラハウスの違いや「一番好きなオペラ」ついて熱く語り合っていきます。 どうぞ、お楽しみ!!





プロフィール
加藤浩子(hiroko katou)
加藤浩子(hiroko katou)

音楽評論家。早稲田大学、慶応義塾大学講師。慶応義塾大学大学院文学研究科修了(音楽史専攻)。大学院在学中、オーストリア政府給費留学生としてインスブルック大学に留学。著書に『今夜はオペラ!』『モーツァルト 愛の名曲20選』『オペラ 愛の名曲20+4選』、『名曲を生み出した女性たち クラシック 愛の名曲20選』(以上春秋社)、『バッハへの旅』『黄金の翼=ジュゼッペ・ヴェルディ』(以上東京書籍)、『人生の午後に生きがいを奏でる家』、『さわりで覚えるオペラの名曲20選』、『さわりで覚えるバッハの名曲25選』(以上中経出版)、共著に『バッハからの贈りもの』(春秋社)、『オペラを聴くコツ バレエを観るツボ』(学研)など多数。オペラをテーマとしたレク チャーや、歌手を招いてのレクチャー&コンサートも行う。作曲家ゆかりの地や、有名なオペラハウスをめぐる音楽&オペラツアーの企画同行も行っている。


公演情報

公演情報

『びわ湖ホール声楽アンサンブル によるオペラ・レクチャーコンサート〜〜ヴェルディ・ガラ 〜〜』
日時:2011年2月11日(金・祝日)14時開演
会場:びわ湖ホール 小ホール
料金:一般 2,000円、青少年(25歳未満) 1,000円
出演:加藤浩子 (講師,解説)、岡本 佐紀子 (ピアノ)ほか
曲目:歌劇『椿姫』より「ああ、あれはあの人かしら」、歌劇『リゴレット』より「女心の歌」、歌劇『アイーダ』より「清きアイーダ」ほか
詳しくはこちら



書籍情報

『ようこそ オペラ〜ビギナーズ鑑賞ガイド!』
2年半ぶりの新刊「ようこそオペラ!」(春秋社)を 刊行しました! 読んで楽しく、持って役立つ、オペラ入門の決定版!
著作:加藤浩子
出版:春秋社
定価:1,600円 絶賛発売中!!
詳しくはこちら



BGM
『歌劇「アイーダ」より 清きアイーダ』
作曲:ヴェルディ
演奏:マリオ・デル・モナコ(テノール)、アルベルト・エレーデ指揮、ローマ聖チェチーリア青紫院管弦楽団

『歌劇「オッテロ,またはヴェネツィアのムーア人」より「何だって?」』
作曲:ロッシーン
演奏:フィリッポ・アダミ(テノール)、アントニーノ・フォリアーニ指揮、ヴィルトゥオージ・ブルネンシス

音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop