blue_radio_comをフォローしましょう
TOP > PROGRAM > 林田直樹のカフェ・フィガロ

TODAY'S GUEST

更新日:2016/08/21

ピアニスト小林有沙さん

ピアニスト小林有沙さん

今夜のお客様は、ピアニストの小林有沙さんをお迎えします。今回は、今年2月にオクタヴィア・レコードから発売された小林有沙さんのセカンドアルバム「ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番」をテーマにお話をお聞きします。ファーストアルバムをリリースしてからの約2年間の演奏活動についてやラフマニノフの音楽の魅力についてなど…様々なお話を伺いました。どうぞ、お楽しみに!!





プロフィール
小林有沙(Arisa Kobayashi)
小林有沙(Arisa Kobayashi)

桐朋女子高等学校音楽科を経て同大学に進学したのち、ロームミュージックファンデーションより奨学金を得て、ベルリン芸術大学へ留学。卒業後、ウィーン国立音楽大学ポストグラデュエートコースにてさらに研鑽を積む。12年モロッコ王妃国際ピアノコンクールにて、審査員満場一致で優勝し、併せて最優秀ドビュッシー演奏家賞も受賞。これまでに上田和代、岡本美智子、有森博、伊藤恵、横山幸雄、P.DEVOYON、J.JIRACEKの各氏に師事。日本ショパン協会正会員。オクタヴィア•レコードより2枚のCDをリリースし、いずれも「レコード芸術」誌の準特選盤に選ばれた。














公演情報

CD情報

『ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番』
ベルリン~ウィーンで7年半研鑽を積み、ファースト・アルバムをリリースして2年、日本での音楽活動の幅を広げてきた小林有沙。ファン待望のセカンド・アルバムは、ロシアン・プログラムです。ピアノ・ソナタ第2番冒頭から、力強いタッチでスケールの大きな音楽が広がります。同時にロマンティックな美しいメロディを爽やかに聴かせる演奏は秀逸です。ラフマニノフによるピアノ編曲版「愛の悲しみ」「愛の喜び」も収録し、この作曲家の世界を存分に楽しめるアルバムとなりました。発売日:2016年2月19日 価格:3,000円(税別)
詳しくはこちら

公演情報

「山田和樹指揮 東京混声合唱団 特別演奏会」
日時:2016年9月6日(土) 14:00開演(13:30開場)
会場:神奈川県立音楽堂
出演:山田和樹(指揮)、小林有沙(ピアノ)東京混声合唱団
チケット:全席指定 一般:3,500円  学生(24歳以下)2,500円
詳しくはこちら





BGM
『ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 op.36 第1楽章』
『ひな菊(「6つの歌曲」op.38より第3番) 』
作曲:ラフマニノフ
演奏:小林有沙(ピアノ)


音源提供: オクタヴィア・レコード
番組テーマ曲:「フィガロの結婚 序曲」 (音源提供:ナクソス

番組プロフィール

音楽ジャーナリストの林田直樹がお届けする、クラシック探求番組。
クラシック音楽に関わりの深いゲストをお招きし、好きな作曲家やその魅力をたっぷりご紹介します。
そのほか、作曲家や作品にまつわるさまざまなエピソードをお伝えするウンチクコーナーなどもご用意。
音楽を愛するすべての方に、良質な音が届くことを祈って……。


パーソナリティー

林田直樹 林田直樹
1963年生まれ。音楽之友社「音楽の友」「レコード芸術」編集部に在籍したのち、フリーの音楽ジャーナリストに。著書に『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)、『バレエおもしろ雑学事典』(ヤマハミュージックメディア)、 『読んでから聴く厳選クラシック名盤』(全音楽譜出版社)、『パーフェクト・オペラ・ガイド』(共著・音楽之友社)。CDライナーノートやオペラ、バレエ、コンサートのプログラムにもたびたび寄稿。JAL国際線機内エンターテイメントのクラシック番組の構成・選曲、月刊「サライ」の「今月の3枚」連載などを担当。
お知らせ

林田直樹のブログ 「LINDEN日記」更新中です!
クラシック音楽配信サイト「NAXOS MUSIC LIBRARY」のガイドも担当しています。

有料メールマガジンのお知らせ!!
林田直樹の「よく聴く、よく観る、よく読む」
音楽ジャーナリストの林田直樹さんが有料メールマガジンを始めました。 ツイッターでもブログでもフェイスブックでも書けなかったこと、 ネットラジオでも話せないようなこと、 すべてじっくり書いていく有料メルマガです。 親しい友人にだけ教えるような感じの、クラシック音楽に関する情報も盛り込んでいきます。ご質問にもお答えします。 1か月はお試し無料期間、いつでも退会可能です。
詳しくはこちら
pagetop